自動車保険 弁護士特約 メリット

自動車保険の弁護士特約のメリット・適用範囲と使い方を知って事故に備える

自動車保険の弁護士特約のメリット

自動車保険の弁護士費用特約とはどのようなものか、弁護士に依頼できる特約のメリットとデメリットを説明しています。また、弁護士でないと事故処理の解決となる示談交渉ができない場合などもありますので、自動車保険の弁護士特約をチェックしてみましょう。

 

弁護士費用特約とは

弁護士に交渉を依頼したときに弁護士費用を負担してもらえる特約です。

 

弁護士は、回収できた金額に応じて弁護士の費用が上がることが多いです。たとえば回収金額の10%が弁護士に支払う金額になります。弁護士費用の金額を300万円まで負担してもらえる特約を設定している自動車保険がほとんどです。

 

また、相談料を10万円まで負担してもらえます。

 

弁護士費用特約には相談料の項目もあり、弁護士に交通事故に関する法律相談をしたときにかかる相談料を10万円まで負担してもらうことができます。

 

 

弁護士費用特約のメリット

 

弁護士に依頼する費用を自動車保険の特約で支払う

弁護士費用特約のメリットは、弁護士に依頼する費用を自動車保険の特約で支払ってくれます。
交通事故があったときには、保険会社だけでは対応できな場面もあります。弁護士に依頼することもありますが、弁護士の費用の心配がほとんどなくなります。

 

弁護士に依頼するメリットは、事故における不安を軽減し、交渉によるストレスを減らすことができます。ただでさえ、交通事故で精神的に負担があるときに、面倒でストレスの多い示談交渉を自分でしなくてはいけないことがあると大変です。弁護士に依頼すると自分の代理人になるので面倒な損害賠償の示談交渉から解放されます。

 

また、自動車保険の人が交渉を行うことができない事故があります。自分に全く過失がない相手からの追突事故は、自動車保険を使うことができず、保険会社が動いてくれません。この場合は、自分で示談交渉をしなければならなくなり、不利な条件で押し通そうとする自動車保険会社もあります。そんなときに、弁護士に依頼して事故の交渉をしてもらえば、しっかりと交渉してもらえます。
この費用が弁護士費用特約から出るので安心ですね。

 

納得がいかないときに気楽に弁護士に依頼できる

事故の過失割合や補償内容に納得がいかないときに気楽に弁護士に依頼できます。
自動車保険会社の結果にどうしても納得がいかないときがあれば、特約で弁護士費用を支払ってもらえるので、頼むのか、頼まないのかと悩む必要がありません。すぐに利用することができます。

 

過失に関係なく弁護士に依頼できる

自分の過失に関係なく弁護士に依頼することができます。
自分が起こした交通事故の場合、申し訳なくて弁護士特約を使うことをためらう場面もあるかもしれまん。しかし、事故の過失割合には関係なく、弁護士に依頼することができます。

 

等級は下がらない

弁護士費用特約を使うだけでは、等級が下がったり、保険料が上がったりすることはありませんので安心してください。自動車保険の場合、事故を起こすと等級が下がって保険料が上がってしまいますが、弁護士特約では等級はさがりません。もちろん、事故自体で等級が下がることはあります。

 

弁護士特約は、加入者だけでなく家族も適用できます。

弁護士特約は加入者だけでなく、家族まで適用可能です。また、交通事故以外の日常事故まで適用できる保険もありますので、今一度保険の内容を確認してみましょう。適用範囲によっては重複していることもあり、保険料が無駄になっている場合もあります。適用範囲を確認して重複がないように弁護士特約を利用しましょう。

 

自動車保険会社が不安でも依頼すれば安心

事故の当事者同士が同じ自動車保険の場合でも安心です。
事故を起こした人がお互いに同じ自動車保険会社の場合は、自動車保険会社の負担を減らしたいということは想像できますね。第三者の弁護士に依頼してしっかりと過失割合や慰謝料を決定してもらいましょう。費用を負担してもらえる特約なので、気楽に弁護士に依頼できるメリットは大きいですね。しっかりとした判断をしてもらいましょう。

 

弁護士費用特約のデメリット

弁護士費用特約のデメリットは保険料がかかることです。費用は掛かりますが、月額100円から200円程度ととても安く設定されていますので、事故にあった時の安心料としてとてもパフォーマンスが高いものです。

 

使用する場合は、自分で弁護士を使うと連絡しないといけません。弁護士特約に入っているのに使ってない人がほとんどなのですが、これが原因の一つでデメリットといえるかもしれません。

 

特約の使い方

1.自動車保険で弁護士特約を扱っている会社で加入しておく
弁護士特約は事故後には入れませんので加入しておきましょう。弁護士費用特約は、自動車保険だけに限らず医療保険や火災保険などにもついている場合があります。重複しないようにしましょう。入っていない人は今のうちに弁護士特約に加入することをおすすめします。自動車保険は年間契約の途中でも手続きをすると差額分で特約を追加したり、条件を変更したりすることができます。

 

事故にあってしまった後であれば、特約に入ることはできませんが、もちろん、弁護士に自分で依頼することは可能です。

 

2.保険会社に弁護士特約を使う同意を得る
自動車保険の会社に連絡し、弁護士費用の特約を使いたい旨を伝えます。連絡をしておかないと後々にトラブルになる可能性がありますので、必ず連絡しましょう。

 

3.弁護士に連絡する
弁護士に連絡して、自動車保険の弁護士特約で依頼をしたいと伝えます。
弁護士は、基本的に自分で選ぶことができます。自動車保険の弁護士特約を使えるかどうか確かめることと、交通事故を取り扱っているかどうかを確認してから申し込みをしましょう。

 

特約が使えない場合

弁護士特約が使えない場合があります。ほとんどが自動車保険自体が使えない場合です。

 

・無免許運転・飲酒運転・麻薬の使用
通常の状態ではないときに自動車を運転していた場合は、弁護士特約を使うことができません。そもそも自動車保険自体も使えないので、無免許運転・飲酒運転・麻薬の使用などは絶対にしないことです。

 

・地震・津波・噴火
大勢の人が被害に会う可能性の高い地震や津波、噴火などでは使うことできません。

 

・重大な過失がある場合。
事故を起こすことが容易に想像できた場合や本人が著しく注意義務を怠ったために発生した事故などでは、使うことができません。

 

 

まとめ

弁護士費用特約は、保険料は少額なのに受けられるメリットが大きい。

 

もらい事故のときのためにも弁護士特約の加入は必要と言えます。

 

自動車保険の一括見積で自動車保険を見直してみることも考えましょう。無料でできるので比較してみましょう。

トップページ > 任意保険はいくらくらいが相場なの?